2010年12月17日

バシュメット推薦のヴァイオリニスト、アリョーナ・バーエワよりメッセージ

Dsc02965 
2011年5月バシュメット&モスクワ・ソロイスツ日本公演にソリストとして出演予定の、アリョーナ・バーエワが現在来日中。(大友直人指揮・東京交響楽団とバッハ:ヴァイオリン協奏曲 第2番 ホ長調 BWV1042で共演。)

Dsc02978
「バシュメット氏は、いつもクリエイティブであらゆるものを表現できる、とてもスペシャルな人。これまで、モスクワ・ソロイスツも含めて度々共演してきましたが、毎回とても刺激的経験になります。
今回東京で演奏するパガニーニの「24のカプリース」は、パガニーニが非常に若い頃に書いた作品。この曲をバシュメット氏と一緒に演奏するのは初めてですが、演奏していてとても楽しい気分になれる非常にエキサイティングな曲なので、今からとても楽しみにしています。」

eぶらあぼでご覧いただけます。
bravo201103.jpg

------------------------------------------
2011年5月22日(日)14時開演 東京オペラシティ コンサートホール
moscow_flyer.jpgユーリ・バシュメット(指揮・ヴィオラ)
アリョーナ・バーエワ(ヴァイオリン)
クセーニャ・バシュメット(ピアノ)
モスクワ・ソロイスツ

曲目:
メンデルスゾーン:ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 ニ短調
 Vn:アリョーナ・バーエワ/Pf:クセーニャ・バシュメット

パガニーニ(R.バラショフ編曲):24のカプリース Op.1より/他
 Vn:アリョーナ・バーエワ

パガニーニ:ヴィオラ協奏曲 イ短調 
 Va:ユーリ・バシュメット

チャイコフスキー:弦楽セレナード

公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 14:27| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

錦織健のインタビュー(2011年ウィーン・シュトラウス・フェスティバルの公演に向けて)

nishikiori.jpg
―ファンにとっては新春をことほぐ特別なイベントであり、錦織さんにとっても5年ぶりの再演とのことですが、このコンサートにかける意気込みをお聞かせください。

錦織健:
このところの新年はオペラや通常のコンサートが多かったので5年ぶりとなるシュトラウス・フェスティヴァル・オーケストラとの共演は「新企画」と思えるぐらいに新鮮さを感じます。心機一転という意味でも、これまでの共演の際に必ず歌っていた定番曲を新曲に変えたり、レパートリー曲もひと工夫した演奏で楽しんでいただこうと張り切っているところです。

―今回共演するウィーン*シュトラウス*フェスティヴァル*オーケストラについて、錦織さんがお感じになる特徴や魅力とは?
錦織健:ウィーンからやって来たオーケストラだけあって、当然ながら明るいWiener
Blut(ウィーン気質)に満ちあふれています。音色も演奏スタイルも表情も。それは各プレーヤー個人レベルで備わったキャラクターなのでリハーサルを通してひとつにまとまったときには高い演奏技術とあいまって、信じられないぐらいの楽しいステージを作り出してくれるのです。指揮者のヴィリー・ビュッヒラー氏は一流プレーヤーであることはもちろんですが、音楽に引き込み、酔わせて笑わせて、ホロリとさせるエンターティナー!
特にヴァイオリンを演奏しながら指揮をする「弾き振り」は彼の魅力が全開です。

―ファンの方々にメッセージをお願いします。
錦織健:いまだ不景気から完全脱却できない日本ではありますが、誰しも心の中では現状を打破して、いつか巻き返してやりたいと思っているはず。ワルツやポルカで景気のいい“ウィーン風新年”から「今年こそは...」の元気とやる気を起こしていただけるようなコンサートになればと思っております。是非ともご来場ください!

インタビュー:Gravita(グラビータ)vol.6より
写真:大八木宏武(都恋堂)

flyer_wsfo.jpg2011年1月10日(月・祝) 14時開演 横浜みなとみらいホール

2011年1月12日(水) 19時開演 サントリーホール
曲目:
ヨハン・シュトラウスU:
  「こうもり」 序曲
  シャンパン・ポルカ
  ヴェネツィアの一夜」より ”ゴンドラの歌” ★
  「春の声」
  「美しく青きドナウ」
  「皇帝円舞曲」
カールマン:「マリッツァ伯爵夫人」より”ジプシーよ来ておくれ” ★
スッペ:「ボッカチオ」より”恋はやさし 野辺の花よ” ★
★錦織健

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 15:51| インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。