2012年06月14日

『完璧なチャイコフスキー交響曲第4番』プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管 相模大野公演レポート

≪公演情報≫
6月13日(水)19:00 グリーホール相模大野・大ホール
プログラム:
グラズノフ:「中世より」Op.79~前奏曲
チャイコフスキー:憂鬱なセレナーデ (ヴァイオリン:樫本大進)
            ワルツ・スケルツォ/懐かしい大地の思い出
ベートーヴェン:ロマンス第2番 へ長調
チャイコフスキー:交響曲第4番
RIA-402701-Original.jpg

 ミハイル・プレトニョフが祖国ロシアの作曲家の作品を演奏するとき、ベートーヴェンやドヴォルザークを演奏するときに見せる作品に新たな光を当たる個性的な演奏は影を潜める。常々「従来どおりのやり方が正しいのなら新しい演奏の可能性などなくなってしまう。私はオリジナルな存在なのです。」と語り、ある意味挑発的、挑戦的な演奏を繰り広げてきたにも関わらず・・ それは自分のアイデンティティ、ロシア芸術への誇り、そして我こそがロシア音楽芸術の伝統を引き継ぐ最高の体現者であるという強烈な自負と高らかな宣言なのかもしれない。
 相模原で演奏されたチャイコフスキーの交響曲第4番はため息がでるほどの完璧な演奏だった。輝かしいファンファーレ、「現実」と「幸福な夢」の亀裂と交錯な描写。第2楽章のメランコリックなオーボエ・ソロと甘美な思い出の歌、第3楽章の幻想的なピッツィカートでの合奏。第4楽章の祝祭的な盛り上がりと疾走感。自らが創設し、鍛え上げたオーケストラの最高の演奏技術をベースに完璧な演奏を繰り広げる。
 プレトニョフはオーケストラをコントロールした上で音楽の持つ「感情」をもコントロールする。常に冷静に客観的な視点を保ちながら音楽が感情過多、あるいは不足に陥らないように気を配る。人によっては情熱が不足していると感じるかもしれない。しかしそこがプレトニョフの狙いだ。作曲家が音符を譜面に書いたとき、その音符たちは感情を持つ。
 それを尊重し、忠実に再現するためには奏者の余計な感情移入は不要なのだ。書かれた音符の持つエネルギー、感情を忠実に再現すること、それが作曲家への最大の敬意だと考えているのだ。「インスピレーションを楽譜に書き、和声を付け、演奏できる形にする。そしてそれを演奏した時には、その音楽が最初に天から聞こえてきた時のものと同じにならなければいけない。それが作曲のプロセスだと思います。傑作と呼ばれる作品はこれ以外の方法では絶対に書けない完璧な形で書かれています。」
 プレトニョフと彼のロシア・ナショナル管はチャイコフスキーの意図を完璧に表現する。そして聴き手は感情を無駄に掻き立てられることのない中庸な音楽的感興と興奮を覚える。「私は自分の心の中で感じ、聞こえてくるイメージに忠実に演奏したいのです。評論家や音楽に詳しいファンが満足するような演奏方法も知っているし、そう演奏できないこともないですが、それではつまらないし、私の中で音楽をする動機がなくなってしまいます。」
 良い(GOOD)指揮者は沢山存在する。しかし特別(GREAT)な芸術家は一握りだ。勿論ミハイル・プレトニョフは紛れも無くその一人である。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 13:38| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団 リハーサル・レポート

いよいよ本日13日のグリーンホール相模大野公演から始る日本ツアーを翌日に控え、ソリストとのリハーサルを都内某所で行いました。

P6122423.jpg
ソリストの樫本大進、自然な息遣いで奏でる美音に楽団一同うっとり!
本ツアーの後にはベルリンの風物詩・ワルトビューネにてネルソンス指揮 ベルリン・フィルをバックに同じ曲を演奏します。

P6122430.jpg
リハーサル後、樫本大進にアドバイス。世界中でソリストとして活躍したマエストロ。
ソリストの気持ちは充分に分かります。個性的な演奏を披露する交響曲とは異なり、ソリストに寄り添い、サポートを忘れません。

P6122429.jpg
休憩中の一コマ:チェロ・セクションだけで自主練習し、入念に確認。
良い演奏をするために全員一丸。これがロシア・ナショナル管です。

いよいよ日本公演がスタート!
世界に衝撃を与え続ける天才・プレトニョフの芸術をお楽しみください。
激動のソ連末期、33歳の若さで自らのオーケストラを創設したプレトニョフ。「今の時代、リハーサルも限られる客演のオーケストラで自分の音楽を100%表現するのは不可能。ロシア・ナショナル管は自分のオーケストラ。私の音楽の全てを表現することが出来る」と語るプレトニョフ。
ご期待ください!!


そして、マエストロ・プレトニョフから日本語のメッセージを頂きました!





プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 12:05| メディア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月12日

ミハイル・プレトニョフ ただならぬ《たおやかさ》(文:東京フィルハーモニー交響楽団 ソロ・コンサートマスター 荒井 英治)

文:東京フィルハーモニー交響楽団 ソロ・コンサートマスター  
   荒井 英治 Eiji Arai

 ミハイル・プレトニョフとは誕生日が8日しか違わない同い年である。だからこそ私には信じがたいこと。あの落ち着き払った物腰、あの冷静さ、そして何より、あのしたたかさ。
 東京フィルとの出会いは1990年の秋のベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のソリストとしてであった。
 ここで、ピアニスト・プレトニョフについて述べないことには、先には進まない。
 端的に言うならば、それは『異形の美』と言える。プレトニョフの音色は美しい。しかしながら、自己陶酔的な耽美さとは異なる。代わりに、秤で量ったようにコントロールされた音からは緊張感が立ちのぼり、聴き手を金縛りにしてしまう。

 ベートーヴェンの第3番がそうだった。協奏曲では、音楽の中のドラマの主人公を演じるのがソリストだ。いわば作曲者の葛藤や超克を追体験しようとする。
 しかしプレトニョフはいささか異なる。作品の表ではなく裏へ回って光を当てる。結果、聴き慣れているはずのものは異化され現れることになる。

 作品の裏へ回ることは、作曲家が拾った創造の源泉をかいま見ることだ。しかしそこは危うい領域でもある。ある創造に伴う『狂気』としか名付けようのないものが潜んでいるに違いないから。しかしプレトニョフは『源泉』を透視しようとする。
 
このことは指揮者・プレトニョフを考えるときにも全く同じだと思える。私が指揮者としてのプレトニョフと初めて共演したのはベートーヴェンの『運命』ある。

 ……衝撃だった。イメージを刷新する、どころの話ではない。何か、音で聴き手に問い掛けていくような演奏だった。リスキーなことを厭わずに、いや、リスキーなことをあえて求めていたのかもしれない。

 あの冒頭の有名な4音から成る動機は2回でひとつ、つまり5小節でひとまとまり、と考えるのが常識である。 しかしプレトニョフはそれを引き離してしまう。ゆっくりなテンポで大時代的な表現だったら、その空白は逆に合点がいくかもしれない。しかし彼はあくまでも端正に動機を扱う。結果、ふたつの動機の間には音のない隙間が息の詰まるような緊張で空間を支配する。いきなり現れる亀裂。
 ほかにも間の取り方、テンポの急激なギアチェンジなど、人工的なルバートに満ちていた。当然、オーケストラは異様な緊張感が支配する。人工的、いや言い方を変えよう。《作為的》。しかしここではむしろ肯定的な意味で使いたい。ベートーヴェンの音楽は《運命》に限らずとも作為に充ちている。不自然な展開、予想外のハーモニー、それを取り除いたら何が残るだろうか。意表をつくこと、それはベートーヴェンの音楽に限らず芸術の本質である。作品とは構築である。いや、構築〜解体〜再構築のプロセスである。そうして聴く人間の潜在意識を引きずり出していく。

 さて、自然な表現、とはなにか? プレトニョフは答えるだろう。「怠惰なだけだ。」と。
 『運命』に戻せば、第1楽章は構築と取り壊しの絶え間無い作業の音楽である。いたるところに現れる亀裂。プレトニョフはそれを克明にしてくれた。

 プレトニョフの音楽性のカギは《虚無的な間合い》と《非情さの疾走感》だ。疾走感もすばらしかった。《第九》の第2楽章やシベリウスの《レミンケイネンの帰郷》など。あたかも、目的も持たずにひたすら駆け巡る(バスター・キートンのように!)疾走感には鳥肌が立つ思いだった。

 さて、彼のリハーサルは正確さを追求するような厳格なものではない。しかし指揮には迷いはないし、いわゆる《魅せようとする大仰な振り方》はかいま見られない。作品を的確に捉えている証拠であろう。10のうち、6を示し、残りの4は演奏者が理解し、埋めていくもの、と心得ているかのようだ。
 だからこそ、辛抱強く穏やかを失わず、肩肘張らずに自然体であるのかもしれない。淡々としたミドル・テンションの状態が維持される。……それにしても、生身の人間が何十人も集まって音楽と格闘している現場の中心にあって、感情が掻き乱されずにいられるなんて……!!


 プレトニョフにインタビューを試みた際に言った言葉が忘れられない。「作品はつねに新しい光を当てようとしなければ、だめだ。でなければクラシックは滅びてしまう」。

 彼は聴き手を挑発する意図があるのか、わからない。しかし、音そのものを凝視し、その裏側に肉迫する。

 指揮者・プレトニョフは私たちを震撼させる。そのただならぬ《たおやかさ》を享受しなければならない。なぜなら、私たちは過去に向かって生きるのではないのだから……!

※ 本稿はロシア・ナショナル管弦楽団販売用プログラム内からの抜粋です。

---------------------------------------------------

荒井 英治(あらい・えいじ)
arai.jpg
1957年生まれ。桐朋学園大学に学ぶ。新星日本交響楽団、東京交響楽団のコンサートマスターを経て、89年より東京フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスターを務める。日本を代表する弦楽四重奏団モルゴーア・クァルテットのメンバーであり、ソリストとしても活躍。CDリリースも多数。

【プレトニョフ×荒井英治 共演情報】
指揮:ミハイル・プレトニョフ コンサートマスター:荒井英治 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
■2013年3月13日(水)19:00 サントリーホール ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(独奏:小川典子) ラフマニノフ:交響曲第2番
■2013年3月14日(木)19:00 東京オペラシティ ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(独奏:小川典子) ラフマニノフ:交響曲第2番
■2013年3月17日(日)15:00 オーチャードホール プレトニョフ:ジャズ組曲 グラズノフ:バレエ音楽「四季」 ほか
問合せ:東京フィルハーモニー交響楽団(03-5353-9522)



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 15:48| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 台湾公演レポート

日本公演を直前にプレトニョフ率いるロシア・ナショナル管弦楽団は6月9日・10日に台湾の彰化市 (Changhua市)のスタジアムで2回公演を行いました。
両日とも5,000〜6,000人の大観衆が熱狂のスタンディング・オベーションで終わるという大成功を収め、プレトニョフの人気の高さを改めて感じる公演となりました!
P1040057.jpg
 
この2公演に先駆け、6月8日に台北市内で行われたマエストロ・プレトニョフとソリストのナタリア・グットマンによる記者会見が行われました。
記者会見でマエストロ・プレトニョフはこの様に述べました。「この機会に皆さんにお伝えしたいことがあります。2000年を超える長い人類の歴史の中で、私達人間が行ったことの多くは残念ながらネガティヴなことでした。戦争、騙し合い、利益を求めての闘争。その様な中で人類が創り出した素晴らしいものとして誇れるのは”文化”です。人類の行いとして神の前で誇れるのは文化以外に無いのではないかと思います。特にクラシック音楽は豊かな芸術で、300年前の作曲家と近現代の作曲家、例えばバッハとショスタコーヴィチを一緒にプログラムに入れることが出来るというのは素晴らしいことです。
こういった文化の尊さを伝えてくださることの出来るのは、今目の前にいらっしゃるジャーナリストの方達であり、私はその事において皆様に感謝したいと思います。」
このマエストロの言葉により、盛大な拍手の中で終わりました。

P1040019.jpg
記者会見の壇の後ろには今回の公演の大きなポスターが貼られていました。

P1030986.jpg
彰化市長からマエストロとソリストのグットマンに獅子のお面が贈られました。

贈られた獅子のお面を持って喜ぶマエストロ
(左から グットマン、彰化市長、マエストロ)

P1040107.jpg
いよいよスタジアムでのリハーサルが始まります。

P1040029.jpg
ステージの両脇には、スタジアム内に舞台の模様を映し出す大スクリーンが設置されていました。
遠く離れた客席でも演奏するメンバーの表情まで細かく見ることが出来、臨場感が生まれます。

P1040115.jpg
プレトニョフはメンバーを押さえつけることなく、各自の持っている能力を最大限引き出すというもの。
信頼を得てメンバーは伸び伸びと音楽を表現し、生き生きとした幸せな音楽が生まれることになります。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演

2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール

 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 12:46| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。