2012年05月31日

メストレ 大阪でも観客を魅了!


5月30日、ハープのメストレは大阪のいずみホールでコンサートを行い、思わずため息が出るほどの素晴らしい演奏を披露しました。
昨夜の演奏はまさに波に乗っている印象を受けるほどで、まるでホールの響きと気持ちよく遊んでいるような印象でした。
ハープという楽器でここまでできるのか?というほどのテクニックと音楽性で観客をすっかりと魅了しました。
ブラボーの声も多く、サイン会にも100人近くのお客様が並ばれました。

たくさんの音楽的アイデアにあふれ、たくさんの工夫が凝らされたメストレの演奏。
それはエールハルト率いるラルテ・デル・モンドとともにさらに発揮されます。
ヴィヴァルディの「四季」から“冬”やリュートやオーボエのために作曲された作品が、まるで初めからハープのために書かれたような作品に感じられることでしょう。

聴衆と一体化して一緒に呼吸をするように演奏したいとメストレは語っています。
ぜひ素敵なひとときを共有いたしましょう。

曲目解説はこちらからご覧頂けます。
事前にお読みになると、さらにコンサートをお楽しみ頂けます。
http://www.japanarts.co.jp/html/2012/harp/maistre/index.htm

6月1日(金)19時開演 東京オペラシティコンサートホール
管弦楽:ラルテ・デル・モンド 指揮:ヴェルナー・エールハルト

ヴィヴァルディ:歌劇《オリュンピアス》より序曲 RV.725 ★      
ヴィヴァルディ:ハープ協奏曲ト長調 RV.299 (原曲 ヴァイオリン協奏曲集 Op.7より 第2集-8) ★     
アルヴァース:マンドリン    
マルチェッロ:ハープ協奏曲 ニ短調 (原曲 オーボエ協奏曲) ★                           
- - - - - - - - - - - - -
ドゥランテ:弦楽のための8つの協奏的四重奏曲 ヘ短調                
ヴィヴァルディ:ハープ協奏曲 二長調 R.V.93 (原曲 リュート協奏曲) ★                
ヴィヴァルディ:「四季」より“冬” ヘ短調 ★                       

★ハープ独奏 グザヴィエ・ドゥ・メストレ
posted by Japan Arts at 12:46| メディア情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。