2012年06月12日

プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 台湾公演レポート

日本公演を直前にプレトニョフ率いるロシア・ナショナル管弦楽団は6月9日・10日に台湾の彰化市 (Changhua市)のスタジアムで2回公演を行いました。
両日とも5,000〜6,000人の大観衆が熱狂のスタンディング・オベーションで終わるという大成功を収め、プレトニョフの人気の高さを改めて感じる公演となりました!
P1040057.jpg
 
この2公演に先駆け、6月8日に台北市内で行われたマエストロ・プレトニョフとソリストのナタリア・グットマンによる記者会見が行われました。
記者会見でマエストロ・プレトニョフはこの様に述べました。「この機会に皆さんにお伝えしたいことがあります。2000年を超える長い人類の歴史の中で、私達人間が行ったことの多くは残念ながらネガティヴなことでした。戦争、騙し合い、利益を求めての闘争。その様な中で人類が創り出した素晴らしいものとして誇れるのは”文化”です。人類の行いとして神の前で誇れるのは文化以外に無いのではないかと思います。特にクラシック音楽は豊かな芸術で、300年前の作曲家と近現代の作曲家、例えばバッハとショスタコーヴィチを一緒にプログラムに入れることが出来るというのは素晴らしいことです。
こういった文化の尊さを伝えてくださることの出来るのは、今目の前にいらっしゃるジャーナリストの方達であり、私はその事において皆様に感謝したいと思います。」
このマエストロの言葉により、盛大な拍手の中で終わりました。

P1040019.jpg
記者会見の壇の後ろには今回の公演の大きなポスターが貼られていました。

P1030986.jpg
彰化市長からマエストロとソリストのグットマンに獅子のお面が贈られました。

贈られた獅子のお面を持って喜ぶマエストロ
(左から グットマン、彰化市長、マエストロ)

P1040107.jpg
いよいよスタジアムでのリハーサルが始まります。

P1040029.jpg
ステージの両脇には、スタジアム内に舞台の模様を映し出す大スクリーンが設置されていました。
遠く離れた客席でも演奏するメンバーの表情まで細かく見ることが出来、臨場感が生まれます。

P1040115.jpg
プレトニョフはメンバーを押さえつけることなく、各自の持っている能力を最大限引き出すというもの。
信頼を得てメンバーは伸び伸びと音楽を表現し、生き生きとした幸せな音楽が生まれることになります。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演

2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール

 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 12:46| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。