2012年06月14日

『完璧なチャイコフスキー交響曲第4番』プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管 相模大野公演レポート

≪公演情報≫
6月13日(水)19:00 グリーホール相模大野・大ホール
プログラム:
グラズノフ:「中世より」Op.79~前奏曲
チャイコフスキー:憂鬱なセレナーデ (ヴァイオリン:樫本大進)
            ワルツ・スケルツォ/懐かしい大地の思い出
ベートーヴェン:ロマンス第2番 へ長調
チャイコフスキー:交響曲第4番
RIA-402701-Original.jpg

 ミハイル・プレトニョフが祖国ロシアの作曲家の作品を演奏するとき、ベートーヴェンやドヴォルザークを演奏するときに見せる作品に新たな光を当たる個性的な演奏は影を潜める。常々「従来どおりのやり方が正しいのなら新しい演奏の可能性などなくなってしまう。私はオリジナルな存在なのです。」と語り、ある意味挑発的、挑戦的な演奏を繰り広げてきたにも関わらず・・ それは自分のアイデンティティ、ロシア芸術への誇り、そして我こそがロシア音楽芸術の伝統を引き継ぐ最高の体現者であるという強烈な自負と高らかな宣言なのかもしれない。
 相模原で演奏されたチャイコフスキーの交響曲第4番はため息がでるほどの完璧な演奏だった。輝かしいファンファーレ、「現実」と「幸福な夢」の亀裂と交錯な描写。第2楽章のメランコリックなオーボエ・ソロと甘美な思い出の歌、第3楽章の幻想的なピッツィカートでの合奏。第4楽章の祝祭的な盛り上がりと疾走感。自らが創設し、鍛え上げたオーケストラの最高の演奏技術をベースに完璧な演奏を繰り広げる。
 プレトニョフはオーケストラをコントロールした上で音楽の持つ「感情」をもコントロールする。常に冷静に客観的な視点を保ちながら音楽が感情過多、あるいは不足に陥らないように気を配る。人によっては情熱が不足していると感じるかもしれない。しかしそこがプレトニョフの狙いだ。作曲家が音符を譜面に書いたとき、その音符たちは感情を持つ。
 それを尊重し、忠実に再現するためには奏者の余計な感情移入は不要なのだ。書かれた音符の持つエネルギー、感情を忠実に再現すること、それが作曲家への最大の敬意だと考えているのだ。「インスピレーションを楽譜に書き、和声を付け、演奏できる形にする。そしてそれを演奏した時には、その音楽が最初に天から聞こえてきた時のものと同じにならなければいけない。それが作曲のプロセスだと思います。傑作と呼ばれる作品はこれ以外の方法では絶対に書けない完璧な形で書かれています。」
 プレトニョフと彼のロシア・ナショナル管はチャイコフスキーの意図を完璧に表現する。そして聴き手は感情を無駄に掻き立てられることのない中庸な音楽的感興と興奮を覚える。「私は自分の心の中で感じ、聞こえてくるイメージに忠実に演奏したいのです。評論家や音楽に詳しいファンが満足するような演奏方法も知っているし、そう演奏できないこともないですが、それではつまらないし、私の中で音楽をする動機がなくなってしまいます。」
 良い(GOOD)指揮者は沢山存在する。しかし特別(GREAT)な芸術家は一握りだ。勿論ミハイル・プレトニョフは紛れも無くその一人である。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 13:38| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。