2011年03月29日

ハーゲン弦楽四重奏団 結成30周年アルバムをリリース

hagen_cd.jpg

【収録情報】
・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第8番ホ短調 Op.59-2『ラズモフスキー第2番』
・モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番変ホ長調 K.428(K421b)
・ヴェーベルン:弦楽四重奏のための5つの楽章 Op.5
・ヴェーベルン:弦楽四重奏のための6つのバガテル Op.9

<ハーゲン四重奏団>
ルーカス・ハーゲン(第1ヴァイオリン)
ライナー・シュミット(第2ヴァイオリン)
ヴェロニカ・ハーゲン(ヴィオラ)
クレメンス・ハーゲン(チェロ)

録音時期:2010年5月&7月
録音場所:ベルリン、ジーメンス・ヴィラ
録音方式:デジタル(セッション)

ハーゲン弦楽四重奏団 結成30周年アルバムをリリース
長年に渡り室内楽の世界の中枢で注目を集めてきたオーストリアの弦楽四重奏団、ハーゲン四重奏団は、ドイツ・グラモフォンで45枚に及ぶアルバムを制作してきました。
 しかし、2011年、結成30周年を記念して、彼らが新たにパートナーに選んだのは個性派エンジニアでもあるシュテファン・カーエンが設立したドイツの小さなレーベル、ミリオス(MYRIOS)です。
 膨大な演奏経験を積み重ね、練り上げられた合奏がもたらす繊細かつ大胆な音楽表現が持ち味でもあるハーゲン四重奏団の魅力をフルに味わうには、優秀な録音技術が欠かせませんが、ミリオス・レーベルならばそれが可能と考えた結果としての、リリースのスタートなのかもしれません。
 第1弾となるアルバムに選ばれた曲目は、どれもハーゲン四重奏団が得意とするウィーンゆかりのレパートリーです。ベートーヴェンの弦楽四重奏曲第8番『ラズモフスキー第2番』は、彼らの力強いアンサンブルと壮大な構築力を生かせる大傑作。続くモーツァルトの第16番変ホ長調K.428は、陰影豊かな書法が深い味わいを醸し出す名曲で、雄弁な第1ヴァイオリンが活躍する性格はハーゲン四重奏団のキャラクターとも一致しています。最後は栄光のウィーンの末裔でもあるヴェーベルンの作品。前衛的なスタイルの作品からも十分に美しく勢いのある音楽を引き出す彼らの実力はコンサートでも証明済みですが、ここでの録音も見事なものです。(HMV/WEBページより

posted by Japan Arts at 16:30| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

東京公演へ向けて、飯森範親と河村尚子よりメッセージ[山形交響楽団]

初日のリハーサルを終え、飯森範親さんと河村尚子さんからコメントが届きました!
河村 「とても楽しいことになりそうです! 東京オペラシティに皆さんどうぞいらしゃってください。」

飯森 「この曲は何度かやってるけど、凄すぎ!河村さんがちょっと弾け過ぎて困っております。ものすごい情熱的な激しく中から湧き出てるような躍動感と言うか。すごいコンサートになりそうですよ。楽しみです。」
DSC04973s.jpg
山形交響楽団とショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番を共演する河村尚子さん。
リハーサル後にマエストロと。



≪飯森範親指揮 山形交響楽団 東京特別演奏会≫
2010年6月26日(土) 18時30分開演 東京オペラシティ コンサートホール
曲目:
ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番 Op.72b
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 Op.35(ピアノ:河村尚子、トランペット:井上直樹)
チャイコフスキー:交響曲第4番 Op.36

<チケット>
インターネット:こちらからご購入
TEL:ジャパン・アーツぴあ 03-5237-7711
詳しい公演情報はこちらから
posted by Japan Arts at 12:57| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

ファビオ・ルイジ METの首席客演指揮者に就任!

ファビオ・ルイジがメトロポリタン・オペラ首席客演指揮者(Pricipal Guest Coductor)に就任することがメトロポリタン・オペラより発表されました。
luisiportraet5.jpg
このポジションにつく指揮者としては1998年〜2008年に任期にあったワレリー・ゲルギエフに次いで2人目となります。
ルイジは「この先数年に渡って継続的にメトロポリタン・オペラと仕事ができることは、私にとって大きな名誉です。このカンパニーのすべてが芸術的に最高レベルを満たしており、ともに音楽作りをすることが私とっての喜びです。」と話しています。
http://www.metoperafamily.org/metopera/news/news_flash.aspx

そのルイジは5月にウィーン交響楽団を率いて来日します。


5月25日(火) 19:00 サントリーホール
ブラームス:交響曲第2番
ブラームス:交響曲第1番

5月30日(日) 14:00 サントリーホール ≪好評につき売切れました≫
ブラームス:大学祝典序曲
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲 (ヴァイオリン:五嶋龍)
ベートーヴェン:交響曲第7番

6月1日(火) 19:00 サントリーホール
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第5番 「皇帝」 (ピアノ:河村尚子)
ベートーヴェン:交響曲 第5番 「運命」

詳しい情報はこちらから 
posted by Japan Arts at 18:24| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

ユーリー・バシュメット、カルチュラル・オリンピアードに登場![国立ノーヴァヤ・ロシア交響楽団]

オリンピック開催都市で大会を盛り上げるために「カルチュラル・オリンピアード」と呼ばれる文化プログラムがあり、その一環で2014年冬季オリンピック開催地のロシアからもウリヤーナ・ロパートキナとユーリー・バシュメットとが出演しました!。

昨年マリインスキー・バレエの舞台がまだ頭から離れないウリヤーナ・ロパートキナ、そして今年芸術監督・首席指揮を務める「国立ノーヴァヤ・ロシア交響楽団」を率いユーリー・バシュメットが5月に来日します!
オリンピック公式サイト


【ユーリー・バシュメット指揮 国立ノーヴァヤ・ロシア交響楽団】
novayaflyer.jpg2010年5月14日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
芸術監督・首席指揮:ユーリー・バシュメット Yury Bashmet
ピアノ:上原 彩子

≪プログラム≫
チャイコフスキー:幻想序曲「ロミオとジュリエット」
チャイコスキー:ピアノ協奏曲 第1番 (ピアノ:上原 彩子)
チャイコフスキー:交響曲第5番

≪チケット購入≫
【WEB】 WEBジャパン・アーツぴあ
【TEL】 ジャパン・アーツぴあコールセンター (03)5237-7711
詳しい公演情報はこちらから
posted by Japan Arts at 13:53| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

河村尚子<第20回新日鉄音楽賞>を受賞

今、最も注目を集めている若手ピアニストの河村尚子が<第20回新日鉄音楽賞>を受賞しました!
http://www.nsc.co.jp/csr/music/prize/20.html
kawamura.jpg

そして、オーケストラとの共演でも引っ張りだこの彼女は、6月1日ファビオ・ルイジ指揮 ウィーン交響楽団で、ベートーヴェンの「皇帝」を、6月26日飯森範親指揮 山形交響楽団ではショスタコーヴィチ「ピアノ協奏曲第1番」を演奏致します。
≪公演の詳細≫
6/1 ファビオ・ルイジ指揮 ウィーン交響楽団
6/26 飯森範親指揮 山形交響楽団

河村 尚子(ピアノ) プロフィール
 06年、権威ある難関ミュンヘン国際コンクール第2位、続いて翌年、多くの名ピアニストを輩出しているクララ・ハスキル国際コンクールにて優勝を飾り、世界の注目をあびる。
 86年渡独。ハノーファー国立音楽芸術大学在学中にヴィオッティ、カサグランデ、ゲーザ・アンダなど数々のコンクールで優勝・入賞を重ねる。また、ドイツを拠点に、オーストリア、スイス、イタリア、フランス、ポーランド、ロシアなどで積極的にリサイタルを行い、オーケストラの共演については、チューリヒ・トーンハレ管弦楽団、モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、ジェノヴァ交響楽団、スロヴェニア・フィルハーモニック管弦楽団のソリストに迎えられ、ルール、オーヴェール・シュル・オアーズ、国内ではラ・フォル・ジュルネ音楽祭に参加するなど、早くも国際的な活動を広げている。
  日本においては、04年11月小林研一郎指揮/東京フィルハーモニー定期演奏会でデビューし、日本フィルハーモニー交響楽団、東京都交響楽団、東京交響楽団、京都市交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団等の主要オーケストラと相次いで共演を重ね、いずれも好評を得る。09/10 シーズンには関西フィルハーモニー管弦楽団、広島市交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団の定期演奏会へ初出演する他、京都市交響楽団、日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団などから再招待を受けている。また、紀尾井ホール、フィリアホールでリサイタルも予定。ヨーロッパではスイス、イタリア、ドイツ、スロヴェニア、ウクライナなどでの公演が決まっている。
 CDは、ディスコヴェール(Disc Auver)、アウディーテ(Audite)などから複数リリースされており、09年にはショパンのアルバムをRCA Red Sealレーベルよりリリース予定。
 クラシック界に新風を吹き込む新進気鋭のピアニストとして、今最も期待されている。

 これまで、ウラディーミル・クライネフ、澤野京子、マウゴルジャータ・バートル・シュライバーに師事。現在、ハノーファー国立音楽芸術大学ソリスト課程に在籍。兵庫県西宮生まれ。
オフィシャルHP http://www.hisakokawamura.com/
posted by Japan Arts at 19:12| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。