2012年06月12日

ミハイル・プレトニョフ ただならぬ《たおやかさ》(文:東京フィルハーモニー交響楽団 ソロ・コンサートマスター 荒井 英治)

文:東京フィルハーモニー交響楽団 ソロ・コンサートマスター  
   荒井 英治 Eiji Arai

 ミハイル・プレトニョフとは誕生日が8日しか違わない同い年である。だからこそ私には信じがたいこと。あの落ち着き払った物腰、あの冷静さ、そして何より、あのしたたかさ。
 東京フィルとの出会いは1990年の秋のベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番のソリストとしてであった。
 ここで、ピアニスト・プレトニョフについて述べないことには、先には進まない。
 端的に言うならば、それは『異形の美』と言える。プレトニョフの音色は美しい。しかしながら、自己陶酔的な耽美さとは異なる。代わりに、秤で量ったようにコントロールされた音からは緊張感が立ちのぼり、聴き手を金縛りにしてしまう。

 ベートーヴェンの第3番がそうだった。協奏曲では、音楽の中のドラマの主人公を演じるのがソリストだ。いわば作曲者の葛藤や超克を追体験しようとする。
 しかしプレトニョフはいささか異なる。作品の表ではなく裏へ回って光を当てる。結果、聴き慣れているはずのものは異化され現れることになる。

 作品の裏へ回ることは、作曲家が拾った創造の源泉をかいま見ることだ。しかしそこは危うい領域でもある。ある創造に伴う『狂気』としか名付けようのないものが潜んでいるに違いないから。しかしプレトニョフは『源泉』を透視しようとする。
 
このことは指揮者・プレトニョフを考えるときにも全く同じだと思える。私が指揮者としてのプレトニョフと初めて共演したのはベートーヴェンの『運命』ある。

 ……衝撃だった。イメージを刷新する、どころの話ではない。何か、音で聴き手に問い掛けていくような演奏だった。リスキーなことを厭わずに、いや、リスキーなことをあえて求めていたのかもしれない。

 あの冒頭の有名な4音から成る動機は2回でひとつ、つまり5小節でひとまとまり、と考えるのが常識である。 しかしプレトニョフはそれを引き離してしまう。ゆっくりなテンポで大時代的な表現だったら、その空白は逆に合点がいくかもしれない。しかし彼はあくまでも端正に動機を扱う。結果、ふたつの動機の間には音のない隙間が息の詰まるような緊張で空間を支配する。いきなり現れる亀裂。
 ほかにも間の取り方、テンポの急激なギアチェンジなど、人工的なルバートに満ちていた。当然、オーケストラは異様な緊張感が支配する。人工的、いや言い方を変えよう。《作為的》。しかしここではむしろ肯定的な意味で使いたい。ベートーヴェンの音楽は《運命》に限らずとも作為に充ちている。不自然な展開、予想外のハーモニー、それを取り除いたら何が残るだろうか。意表をつくこと、それはベートーヴェンの音楽に限らず芸術の本質である。作品とは構築である。いや、構築〜解体〜再構築のプロセスである。そうして聴く人間の潜在意識を引きずり出していく。

 さて、自然な表現、とはなにか? プレトニョフは答えるだろう。「怠惰なだけだ。」と。
 『運命』に戻せば、第1楽章は構築と取り壊しの絶え間無い作業の音楽である。いたるところに現れる亀裂。プレトニョフはそれを克明にしてくれた。

 プレトニョフの音楽性のカギは《虚無的な間合い》と《非情さの疾走感》だ。疾走感もすばらしかった。《第九》の第2楽章やシベリウスの《レミンケイネンの帰郷》など。あたかも、目的も持たずにひたすら駆け巡る(バスター・キートンのように!)疾走感には鳥肌が立つ思いだった。

 さて、彼のリハーサルは正確さを追求するような厳格なものではない。しかし指揮には迷いはないし、いわゆる《魅せようとする大仰な振り方》はかいま見られない。作品を的確に捉えている証拠であろう。10のうち、6を示し、残りの4は演奏者が理解し、埋めていくもの、と心得ているかのようだ。
 だからこそ、辛抱強く穏やかを失わず、肩肘張らずに自然体であるのかもしれない。淡々としたミドル・テンションの状態が維持される。……それにしても、生身の人間が何十人も集まって音楽と格闘している現場の中心にあって、感情が掻き乱されずにいられるなんて……!!


 プレトニョフにインタビューを試みた際に言った言葉が忘れられない。「作品はつねに新しい光を当てようとしなければ、だめだ。でなければクラシックは滅びてしまう」。

 彼は聴き手を挑発する意図があるのか、わからない。しかし、音そのものを凝視し、その裏側に肉迫する。

 指揮者・プレトニョフは私たちを震撼させる。そのただならぬ《たおやかさ》を享受しなければならない。なぜなら、私たちは過去に向かって生きるのではないのだから……!

※ 本稿はロシア・ナショナル管弦楽団販売用プログラム内からの抜粋です。

---------------------------------------------------

荒井 英治(あらい・えいじ)
arai.jpg
1957年生まれ。桐朋学園大学に学ぶ。新星日本交響楽団、東京交響楽団のコンサートマスターを経て、89年より東京フィルハーモニー交響楽団のソロ・コンサートマスターを務める。日本を代表する弦楽四重奏団モルゴーア・クァルテットのメンバーであり、ソリストとしても活躍。CDリリースも多数。

【プレトニョフ×荒井英治 共演情報】
指揮:ミハイル・プレトニョフ コンサートマスター:荒井英治 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
■2013年3月13日(水)19:00 サントリーホール ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(独奏:小川典子) ラフマニノフ:交響曲第2番
■2013年3月14日(木)19:00 東京オペラシティ ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番(独奏:小川典子) ラフマニノフ:交響曲第2番
■2013年3月17日(日)15:00 オーチャードホール プレトニョフ:ジャズ組曲 グラズノフ:バレエ音楽「四季」 ほか
問合せ:東京フィルハーモニー交響楽団(03-5353-9522)



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 15:48| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

ブルックナーをめぐるパーヴォ・ヤルヴィとの対話

取材・文/舩木篤也
pj_high_res18.jpg
 ブルックナーの交響曲は、特別な人のための特別な音楽なのだろうか。自然。宇宙。神。形而上学。その巨大さにひれ伏し、少なからぬ人がそんなことばを口にする。秘儀としてのブルックナー体験? パーヴォ・ヤルヴィはこう言う。
 「儀式的なものは、それが論理的であるならば重要でしょう。あなたが観光客として教会堂に足を踏み入れ、突然、礼拝にまぎれ込んだとしましょう。人々が立ち上がり、歌い、また座る。僧侶が何かを言っている。もしあなたが同じ信仰を持たなければ、わくわくするものを感じはしても、『なぜ』というところが分からない。いっぽう、ラテン語を解し、その宗教で育った人たちにとっては、セレモニーはあくまで論理的です。参加している各成員が、ただ見ているだけの部外者とは違い事柄を理解し、そういう仲間の一員だと感じています」
 ムードにただ身をひたすのではなく、キリスト教文化と、それが生んだ音楽史の筋道を知ったうえで、パーヴォは私たちをブルックナー・ワールドに導いてくれるのだろう。フルトヴェングラー、カラヤン、ヴァント、アーノンクールといった先達のブルックナー解釈者たちの間に、「脱神秘化の行き方」を見い出し、「それは過ぎてもいけないが」としながらも、「私も重要だと考えています」と彼は言った。このあたりに、パーヴォの方向性が見えてこないだろうか。
 そう、彼はブルックナーを、交響楽のきわめて伝統的なライン上にとらえる。ブルックナーは基本的にハイドンと同じだとさえ言う。「唯一違うのはワーグナー・テューバを使う点でしょう」とは、いかにも彼一流の論争的発言だが、「4楽章制をとり、ソナタ形式を含み、オーケストレーションはきわめてオーソドックス。同じ思考、同じ構造を持っている」と言われれば、たしかにそうだ。
 「私がブルックナー演奏でやろうと努めたことは、ベートーヴェンやシューマン、そしてブラームスに対して行ったのと同じこと、つまり、伝統を無視しないということです。私は指揮者の家に育ちましたから、伝統が何であるか知っています。けれども、伝統と、伝統のもとに有機的に成長した音楽との間にある論理は、こちらから見出すべきものです。植物と同じで、音楽は成長してゆく。近道はない。適切なペースというものがある。クライマックスにも必然性というものがある」
 いっぽうでパーヴォは、ブルックナーが「人間」であることを示したいと言う。「音楽が述べているのは、人間が神と結ぶ関係であって、神そのものではありませんから」。そして、今回の来日公演でとりあげる第8交響曲こそ、パーヴォの理解では、最も人間的な交響曲ということになる。
 「第8は、ブルックナーの他のどの交響曲とも違います。第7でようやく認められ、世の中に好かれたいと思ったのですね。神に恃むのではなくて。皇帝に作品を献呈したのもそのためです。権威ということを考えた。政治についても、それまで関心などなかったのに、神と自然との内なる関係をいうのが普通だったのに、突然、ドイツのミシェル(19世紀国粋主義の象徴)がうんぬんなどと言い始めた。ちょっと奇妙なくらいドイツ的文化の優位をアピールするようになるのです。第4楽章について、ここでロシアとオーストリアの皇帝がまみえるなどと書き残しており、力強いコサック騎馬隊のリズムがあそこで聞こえます。
 また女性や愛についても、以前は扱ったことがありませんでしたが、ハープを初めて使っているでしょう。ワーグナーが劇音楽で愛を描くのに用いた楽器ですね。ほんらい純真なブルックナーが、自信を得て、自分の枠を越え出ようとしているのです」
そういえばギュンター・ヴァントも生前、第8を指して、ブルックナーが唯一世俗の成功をねらった作品であり、それが音楽に出ていると言っていた。
 「『らしくない』からなのですね。しかし、ブルックナーのやり方はとても人間的で、感動的なものです」
 なお、パーヴォ・ヤルヴィは、第8交響曲をノヴァーク校訂1890年稿(第2稿)で演奏する。

2012年3月30日 ベルリンにて



パーヴォ・ヤルヴィ指揮
フランクフルト放送交響楽団
Frankfurt_flyer.jpg
2012年6月6日(水) 19時開演 サントリーホール
曲目:
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 (ピアノ:アリス=紗良・オット)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調


2012年6月7日(木)19時開演 サントリーホール 
曲目:
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
 (ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン)
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 17:36| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

旅をするハープ

文:小田島久恵(音楽ライター)

Maistre_Photo.jpg
 グザヴィエ・ドゥ・メストレがラルテ・デル・モンドと共演した最新作『ヴェネツィアの夜』には、まぶしいほど明るい色彩と、空気に遊ぶ幸福な音の粒子があふれている。凛として硬質なハープの音と、ピリオド楽器を使用したアンサンブルの調和が、美しい絵画のようなヴィジョンをもたらし、聴き手を瞬時に「ここではないどこか」へ運んでいく。旅をする音楽だ。18世紀ヴェネツィアの画家、ティエポロのフレスコ画を思い出した。神々や天使、天を駆ける駿馬、壮麗に着飾った貴族たちが、パステルカラーの壁画や天井画の中で生き生きと躍動している。息を吹き返すことを待ち望んでいたインスピレーションが、閉じ込められた空間から飛び出して、一気に広い場所に躍り出た感じ。音楽からはそんな幸福な解放感があふれ出している。

 メストレは、ハープという楽器を「自由にさせたい」と思っている人なのだろう。この楽器にまつわる定番のイメージを飛び越えて、もっと自然で生き生きとした役割を与えようと冒険する。彼が採り挙げる「ヴェネツィア生まれ」の曲たち――ヴィヴァルディの協奏曲は、もともとヴァイオリンやリュートのために書かれたものだし、有名な「四季」は言うまでもなくヴァイオリン協奏曲の名曲だ。アルビノーニのト短調のアダージオは、20世紀にレノ・シャゾットの編曲した弦楽合奏とオルガンのための曲が有名だし、マルチェッロの曲に至ってはオーボエのためのコンチェルト。それを、最初からハープのために書かれた曲であるかのように、大胆に再構成してみせた。バッハが「クラヴィーアのために」書いた曲は、チェンバロでもフォルテピアノでもモダンピアノでも演奏することが許されているが、同族の鍵盤楽器同志のシフトとは少し違う。もっと自由で無制限なのだ。構造の異なる弦楽器や管楽器の曲から、みごとにエッセンスを抜き取った。曲の内部に入り込み、通底しているスピリットを引き寄せて、ハープに落とし込むという、画期的な試みをしている。

 ハープとアンサンブルの関係は、最初から楽譜に書かれていたかのように自然だ。コンセプチュアルというよりとても有機的で、優しい愛情に溢れている。メストレのソロも秀逸。優雅なだけではなく、ダンサブルなリズムを内包していて「踊る音楽」としてのバロック音楽の野性味を、ところどころで浮き彫りにしているのだ。既にこの組み合わせで世界ツアーが行われ、各地から熱狂的な反響が届いている。「幻惑されるような」「魔法のような」というのが、聴いた人々が共通して抱く印象のようだ。色と香りが溢れ出す典雅なヴェネツィアの「音の絵」は、聴衆を一人残らず魅了し、音楽が導く旅の世界に誘ってくれるはずだ。




メストレ、2012年来日記念盤『ヴェネツィアの夜』が発売中!
MaistreCD.jpg
「ハープの貴公子」メストレの新録音は、オーストリアのピリオド楽器によるオーケストラ、ラルテ・デル・モンドと共演のアルバムです。ヴィヴァルディとマルチェッロのバロックの巨匠たちのヴァイオリンやリュートやオーボエのための名曲をハープ用にアレンジして、聴き手を17世紀のヴェネツィアに誘います。マルチェッロのオーボエ協奏曲のアダージョ「ベニスの愛」や「アルビノーニのアダージョ」など、有名曲を多数収録。
¥1,467(税込)
Sony Music Shop


日本来日公演!
≪メストレ&ラルテ・デル・モンド≫

2012年6月1日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
<曲目>
ヴィヴァルディ:歌劇《オリュンピアス》より序曲 RV.725 ★       
ヴィヴァルディ:ハープ協奏曲ト長調 RV.299 (原曲 ヴァイオリン協奏曲集 Op.7より 第2集-8)★アルヴァース:マンドリン                   
マルチェッロ:ハープ協奏曲 ニ短調 (原曲 オーボエ協奏曲) ★               
ドゥランテ:弦楽のための8つの協奏的四重奏曲 ヘ短調                
ヴィヴァルディ:ハープ協奏曲 二長調 R.V.93 (原曲 リュート協奏曲) ★         
ヴィヴァルディ:「四季」より“冬” ヘ短調 ★                       
★ハープ独奏 グザヴィエ・ドゥ・メストレ
公演の情報はこちらから
posted by Japan Arts at 16:12| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

パーヴォ・ヤルヴィにインタビュー(2)

paavo_2.jpg
Q:ドイツ・カンマーフィルハーモニー管にとって、ベートーヴェンは最も重要なレパートリーですが、他のオーケストラとベートーヴェン・プロジェクトを行う気持ちはありますか?

A:もちろんどこの団体でもベートーヴェンは演奏しなくてはならない。しかし、ドイツ•カンマーフィルハーモニー管で行っているようなチクルスは行うつもりはありません。
重要なことは、視界を狭めてはならない、ということです。色々な作品を演奏することで、柔軟性や可能性を高めていくことができるのです。ですから、こういったドイツの室内オーケストラでも、シベリウスやショスタコーヴィチを演奏します。

Q:フランクフルト放送響とは、ホームグラウンドでの定期演奏会の他に頻繁にツアーも行いますか?
A:はい、大体年間で短いものと長いものを含めて2,3回はツアーを行っています。今シーズンはスペイン、オーストリア、そして日本です。その他にレコーディング・プロジェクトが2つ進行しています。今、ブルックナー全曲に取り組んでいて、まもなく第5番交響曲がリリースされる予定です。もうひとつはニールセンのチクルスです。彼らはブルックナーで有名ですが、ニールセンの作品にも非常に適しています。チクルスをやることによって、作曲家をより深く理解することができるのです。1曲だけでは十分ではないのです。
ニールセンのようにドイツ音楽ではない作品が含まれていても、フランクフルトでの公演は常に満席です。シーズン会員は、とにかくフランクフルト放送響と彼らの演奏を愛しています。彼らが紹介する音楽を心から楽しみにしているのです。

Q:最近のツアーやコンサートの中で、これは成功!という実感を得たものはありますか?
A:
去年のオーストリア・ツアーですね。最終公演はウィーンの楽友協会でブルックナーの第5番を演奏しました。非常に高く評価された大成功の演奏会だったという手ごたえがあります。

Q:長年一緒に活動してくることによって、オーケストラとはどうように関係を深めていくのでしょうか。
A:
1つのオーケストラと時間をかけて仕事をすると、一種家族のような関係になります。何を期待しているかが判るようになるのです。音楽作りにおいて柔軟になり、良質な前向きな音楽が生まれます。そのような関係においては、新しいことを実験したいという気持ちが生まれます。演奏中にも新しい閃きがあるのです。お互いによく知っている仲なので、瞬間に決断をすることもできます。これは信頼関係があってこそ受け入れられ、反応できる柔軟性です。もしオーケストラが私を信頼していなければ、リハーサルで確認したこと以外は絶対に行いません。時に、彼らはどこに導かれるかわからないことがあるかもしれません。でも、私が行きたい方向がある、ということは判っていて、信じていてくれている、そんな信頼関係なのです。いずれにしても、信頼関係を勝ち取るには時間をかける必要があります。

Q:今回のツアーで共演する2人のソリストについて、あなたのご意見を聞かせてください。
A:
ヒラリー(・ハーン)とはこれまでにも何回も共演しています。シンシナティ響、ドイツ・カンマーフィル、そしてフランクフルト放送響でも共演しました。非常に強い個性をもっており、音楽に主張があります。オーケストラ同様、相手を良く知れば知るほどそこには自由が生まれ、互いに影響を与え合うことができるようになります。我々は、舞台上でとても自由になれます。アリス=紗良・オットはフランクフルト放送響でも共演しました。とても快活で、彼女もまた強い個性の持ち主ですね。

Q:2つのメイン曲(ブルックナー:交響曲第8番、マーラー:交響曲第5番)について、マエストロのお考えを聞かせてください。
A:
言うまでもなくこれらの作品は偉大なる名作です。それぞれの性格は違いますが、両方とも意味深く、複雑で、洗練された宇宙そのもの、作品そのものがひとつの世界を形成しています。これ以上の名曲はない、といってもいいほどでしょう。
繰り返しになりますが、フランクフルト放送響はブルックナーを知り尽くしていますが、我々はマーラーも現在DVDでの全曲収録に取り組んでいます。すでに2,3,4,5,7,9番の交響曲を収録しました。マーラーにもまた、”無限大“の力を感じます。なにかを訴えかける音楽です。
フランクフルト放送響は、ブルックナーでは巨大なドイツのオーケストラになる一方、マーラーでは、より柔軟性をおび色彩鮮やかな演奏を繰り広げることができるオーケストラなのです。

Q:あなたが共演を好むソリストとは?
A:20年も指揮者として活動していると、家族のように親しい音楽仲間ができます。例えばラドゥ・ルプーとは何度も共演し、個人的にも親しいし、お互いを理解しあえる仲間です。お互いが好きな相手だと、自然とよい音楽が生まれるのです。
その一方で、私は才能ある新しいアーティストにも大変興味があります。そういった意味で、アリスには非常に興味があり、共演をしたところ大変快活で興味深い音楽を演奏するピアニストだと思いました。

Q:この多忙なスケジュールの中、どうやって健康維持をしているのでしょうか?
A:
なにか特別に取り組んでいることはありません。この健康な身体を、よい遺伝子を授けてくれた両親に感謝です。強いて言えば、指揮自体が身体にいいのではないでしょうか。特に上半身運動になるし、音楽作り事態が若々しさを与えてくれます。

Q:最後に日本の皆さんにメッセージをお願いします。
A:
私は日本に行くことがいつも楽しみでなりません。なぜなら日本は、私の大好きな聴衆のために演奏ができる場所だからです。昨年はパリ管と初めて来日しましたが、聴衆が私の音楽を理解し、喜んでくれることを感じ取り、聴衆との繋がりを強く実感しました。私は自分自身のためではなく、誰かのために音楽を演奏します。ですから、音楽を理解し、聴き、喜んでいただけることは、私たち音楽家にとってこれほど最高に幸せなことなのです。なぜならば、我々音楽家はそのために演奏しているのですから。もちろん日本は食べ物も文化も素晴らしい。けれども聴衆の皆さんの真摯な姿勢こそ、我々アーティストにとって最も重要なことであり、“日本”の素晴らしさそのものなのです。

私たちにとっても、マエストロは本当に特別な存在です。来日を楽しみにしています。ありがとうございました。

(2012年2月3日 ブレーメンにて)


パーヴォ・ヤルヴィ指揮
フランクフルト放送交響楽団
Frankfurt_flyer.jpg
2012年6月6日(水) 19時開演 サントリーホール
曲目:
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 (ピアノ:アリス=紗良・オット)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調


2012年6月7日(木)19時開演 サントリーホール 
曲目:
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
 (ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン)
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 10:36| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

動画:プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管&ルガンスキー

 動画情報:プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管&ルガンスキー 
       ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」〜第2楽章&第3楽章


プレトニョフのベートーヴェンのピアノ協奏曲といえば自身のピアノによる個性的な演奏で大きな話題を読んだ、グラモフォンのCDが有名です。
昨年11月のモスクワでの公演ではルガンスキーをソリストに迎え、今度は指揮者として同曲を演奏。こちらも、両者のこだわりが随所に見られる精緻な演奏で、新鮮な驚きと美しさを兼ね備えており、魅力的な演奏に仕上がっています。ただの伴奏ではない「協奏曲」。
河村尚子とのグリーグにも期待が高まります。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 17:05| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。