2012年04月09日

プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管弦楽団 パリ公演レポート

パリ サル・プレイエル 3月26日(月)
<プログラム>
グラズノフ:組曲「中世」〜プレリュード
プロコフィエフ:チェロ協奏曲第2番(交響的協奏曲)(チェロ:ゴーチエ・カプソン)
休憩
グラズノフ:交響曲第6番
アンコール グラズノフ:バレエ「ライモンダ」〜「スペイン舞曲」
m_pletnev.jpg

 アレクサンドル・グラズノフがフランスのクラシックコンサートで取り上げられることはきわめて珍しい。音楽愛好家よりもむしろバレエファンの方が「ライモンダ」の作曲家として記憶にとどめているかもしれない。それだけに、当日会場に入ってほぼ満席の盛況なのにちょっと驚いた。何しろ同じ時刻にオペラ座(ガルニエ)ではレハールの人気作「メリー・ウィドー」がスーザン・グラハムとボー・スコーフスという組み合わせであり、シャンゼリゼ劇場ではパリでも人気の高いレイフ・オヴェ・アンスネスがショパンの「ノクターン」と「バラード」とドビュッシーの「版画」と「映像・第1集」とを弾いていたからだ。
 ロシア・ナショナル管弦楽団のロシア音楽の夕べは何よりもパリでは滅多に聞けない曲が並んだのが魅力だった。指揮者のミハイル・プレトニョフは19世紀から20世紀への転回点に書かれたグラズノフの二作品(1902年と1896年)の間に、スターリンによる文化粛清時代の1952年に初演されたプロコフィエフ作品をはさみこむことで、20世紀前半のロシアがいかに激動し、全てが変わってしまったことを聞き手に体感させた。
 最初に取り上げられたのは「組曲:中世から」のプレリュードだった。終生オペラを書かなかったグラズノフだが、物語を管弦楽で表現しようとした作品は民衆の英雄を題材にした交響詩ステンカラージン」をはじめ、「森」「海」「春」といった作品を残しているが、「中世」もその系統に属する。「プレリュード」は「海辺の城の中。灰色の波頭のうねりも目に入らず、嵐の雄たけびも聞くことなく、若い二人は恋の静かな陶酔に身を委ねている」。嵐と叙情的な楽想が交互にあらわれ、情景を描き出していく。無駄のないコンパクトなプレトニョフの腕に導かれ、やわらかな弦楽器がよく揃い、管楽器が繊細な音色で甘い一幅の絵を織り成していく。副コンサートマスターを初め、若い女性ヴァイオリニストが目立つ。
 このロマンチックな出だしと対照的だったのが、プロコフィエフ最晩年の「チェロ協奏曲」だ。ゆったりとした旋律の流れるグラズノフから20世紀の非連続な音の世界が続けて演奏されただけに、その対照は鮮やかで半世紀の時の流れがどの聞き手にも手に取るように感じられた。
 独奏者はフランス人に人気のあるゴーチエ・カプソンだった。ロストロポーヴィチのために書かれ、「チェロのあらゆる技法と表現の可能性を探求した」だけに、単なるヴィルトゥオーゾには手が届かない。独奏者の詩情の不足を補って余りあったのが静かな吸引力を持ったプレトニョフが自在に操ったオーケストラだった。
 休憩後はグラズノフの「交響曲第6番」で再び悠揚とした時間が流れていた19世紀に遡行した。厳かな深みのある低弦でスタートし、第二楽章(アンダンテ)ではあくまでも穏やかで優しいテーマが耳を捕らえる。澄んだ中にもメランコリーを湛えたクラリネットのソロは秀逸だ。最終楽章のフィナーレではシンバルの連打とトロンボーンの厚みのある音が咆哮し、華やいだ音の祭典となった。抑制された身振りと鋭い視線のプレトニョフが自在にオーケストラを操っている姿そのものも観客にとっては見逃せないスペクタクルとなっていた。

三光 洋(音楽ジャーナリスト / パリ在住)



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから

posted by Japan Arts at 14:13| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

パーヴォ・ヤルヴィにインタビュー(2)

paavo_2.jpg
Q:ドイツ・カンマーフィルハーモニー管にとって、ベートーヴェンは最も重要なレパートリーですが、他のオーケストラとベートーヴェン・プロジェクトを行う気持ちはありますか?

A:もちろんどこの団体でもベートーヴェンは演奏しなくてはならない。しかし、ドイツ•カンマーフィルハーモニー管で行っているようなチクルスは行うつもりはありません。
重要なことは、視界を狭めてはならない、ということです。色々な作品を演奏することで、柔軟性や可能性を高めていくことができるのです。ですから、こういったドイツの室内オーケストラでも、シベリウスやショスタコーヴィチを演奏します。

Q:フランクフルト放送響とは、ホームグラウンドでの定期演奏会の他に頻繁にツアーも行いますか?
A:はい、大体年間で短いものと長いものを含めて2,3回はツアーを行っています。今シーズンはスペイン、オーストリア、そして日本です。その他にレコーディング・プロジェクトが2つ進行しています。今、ブルックナー全曲に取り組んでいて、まもなく第5番交響曲がリリースされる予定です。もうひとつはニールセンのチクルスです。彼らはブルックナーで有名ですが、ニールセンの作品にも非常に適しています。チクルスをやることによって、作曲家をより深く理解することができるのです。1曲だけでは十分ではないのです。
ニールセンのようにドイツ音楽ではない作品が含まれていても、フランクフルトでの公演は常に満席です。シーズン会員は、とにかくフランクフルト放送響と彼らの演奏を愛しています。彼らが紹介する音楽を心から楽しみにしているのです。

Q:最近のツアーやコンサートの中で、これは成功!という実感を得たものはありますか?
A:
去年のオーストリア・ツアーですね。最終公演はウィーンの楽友協会でブルックナーの第5番を演奏しました。非常に高く評価された大成功の演奏会だったという手ごたえがあります。

Q:長年一緒に活動してくることによって、オーケストラとはどうように関係を深めていくのでしょうか。
A:
1つのオーケストラと時間をかけて仕事をすると、一種家族のような関係になります。何を期待しているかが判るようになるのです。音楽作りにおいて柔軟になり、良質な前向きな音楽が生まれます。そのような関係においては、新しいことを実験したいという気持ちが生まれます。演奏中にも新しい閃きがあるのです。お互いによく知っている仲なので、瞬間に決断をすることもできます。これは信頼関係があってこそ受け入れられ、反応できる柔軟性です。もしオーケストラが私を信頼していなければ、リハーサルで確認したこと以外は絶対に行いません。時に、彼らはどこに導かれるかわからないことがあるかもしれません。でも、私が行きたい方向がある、ということは判っていて、信じていてくれている、そんな信頼関係なのです。いずれにしても、信頼関係を勝ち取るには時間をかける必要があります。

Q:今回のツアーで共演する2人のソリストについて、あなたのご意見を聞かせてください。
A:
ヒラリー(・ハーン)とはこれまでにも何回も共演しています。シンシナティ響、ドイツ・カンマーフィル、そしてフランクフルト放送響でも共演しました。非常に強い個性をもっており、音楽に主張があります。オーケストラ同様、相手を良く知れば知るほどそこには自由が生まれ、互いに影響を与え合うことができるようになります。我々は、舞台上でとても自由になれます。アリス=紗良・オットはフランクフルト放送響でも共演しました。とても快活で、彼女もまた強い個性の持ち主ですね。

Q:2つのメイン曲(ブルックナー:交響曲第8番、マーラー:交響曲第5番)について、マエストロのお考えを聞かせてください。
A:
言うまでもなくこれらの作品は偉大なる名作です。それぞれの性格は違いますが、両方とも意味深く、複雑で、洗練された宇宙そのもの、作品そのものがひとつの世界を形成しています。これ以上の名曲はない、といってもいいほどでしょう。
繰り返しになりますが、フランクフルト放送響はブルックナーを知り尽くしていますが、我々はマーラーも現在DVDでの全曲収録に取り組んでいます。すでに2,3,4,5,7,9番の交響曲を収録しました。マーラーにもまた、”無限大“の力を感じます。なにかを訴えかける音楽です。
フランクフルト放送響は、ブルックナーでは巨大なドイツのオーケストラになる一方、マーラーでは、より柔軟性をおび色彩鮮やかな演奏を繰り広げることができるオーケストラなのです。

Q:あなたが共演を好むソリストとは?
A:20年も指揮者として活動していると、家族のように親しい音楽仲間ができます。例えばラドゥ・ルプーとは何度も共演し、個人的にも親しいし、お互いを理解しあえる仲間です。お互いが好きな相手だと、自然とよい音楽が生まれるのです。
その一方で、私は才能ある新しいアーティストにも大変興味があります。そういった意味で、アリスには非常に興味があり、共演をしたところ大変快活で興味深い音楽を演奏するピアニストだと思いました。

Q:この多忙なスケジュールの中、どうやって健康維持をしているのでしょうか?
A:
なにか特別に取り組んでいることはありません。この健康な身体を、よい遺伝子を授けてくれた両親に感謝です。強いて言えば、指揮自体が身体にいいのではないでしょうか。特に上半身運動になるし、音楽作り事態が若々しさを与えてくれます。

Q:最後に日本の皆さんにメッセージをお願いします。
A:
私は日本に行くことがいつも楽しみでなりません。なぜなら日本は、私の大好きな聴衆のために演奏ができる場所だからです。昨年はパリ管と初めて来日しましたが、聴衆が私の音楽を理解し、喜んでくれることを感じ取り、聴衆との繋がりを強く実感しました。私は自分自身のためではなく、誰かのために音楽を演奏します。ですから、音楽を理解し、聴き、喜んでいただけることは、私たち音楽家にとってこれほど最高に幸せなことなのです。なぜならば、我々音楽家はそのために演奏しているのですから。もちろん日本は食べ物も文化も素晴らしい。けれども聴衆の皆さんの真摯な姿勢こそ、我々アーティストにとって最も重要なことであり、“日本”の素晴らしさそのものなのです。

私たちにとっても、マエストロは本当に特別な存在です。来日を楽しみにしています。ありがとうございました。

(2012年2月3日 ブレーメンにて)


パーヴォ・ヤルヴィ指揮
フランクフルト放送交響楽団
Frankfurt_flyer.jpg
2012年6月6日(水) 19時開演 サントリーホール
曲目:
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 (ピアノ:アリス=紗良・オット)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調


2012年6月7日(木)19時開演 サントリーホール 
曲目:
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
 (ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン)
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 10:36| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

動画:プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管&ルガンスキー

 動画情報:プレトニョフ指揮ロシア・ナショナル管&ルガンスキー 
       ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番「皇帝」〜第2楽章&第3楽章


プレトニョフのベートーヴェンのピアノ協奏曲といえば自身のピアノによる個性的な演奏で大きな話題を読んだ、グラモフォンのCDが有名です。
昨年11月のモスクワでの公演ではルガンスキーをソリストに迎え、今度は指揮者として同曲を演奏。こちらも、両者のこだわりが随所に見られる精緻な演奏で、新鮮な驚きと美しさを兼ね備えており、魅力的な演奏に仕上がっています。ただの伴奏ではない「協奏曲」。
河村尚子とのグリーグにも期待が高まります。



プレトニョフ指揮 ロシア・ナショナル管弦楽団 2012年日本公演
2012年6月15日(金) 19時開演 東京オペラシティ コンサートホール
 ヴァイオリン:樫本大進
2012年6月23日(土) 14時開演 横浜みなとみらいホール
 ピアノ:河村尚子
russian_flyer.jpg
公演の詳細はこちらから
posted by Japan Arts at 17:05| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パーヴォ・ヤルヴィにインタビュー(1)

paavo.jpg
Q:世界中を回るマエストロにお伺いします。“音楽に国境はない”といわれますが、聴衆の反応は日本とその他の国では違いますか?
A:
もちろん、ところ変われば反応も違います。私は日本の聴衆がとても好きです。とにかく集中して、注意深く熱心に聴いてくれる。非常に正直で、尊敬の念をもって聴いてくれます。私はたびたび聴衆の皆さんが感動する瞬間を感じ取ることができます。
よく演奏直後に会場中一同立ち上がって拍手喝采、ところがその直後、あっという間に会場から姿を消す聴衆がいますね。そういったものとは違い、日本では私と聴衆がどう繋がっていくかを感じることができるのです。本当にすばらしいことです。

Q:日本ではいわゆる名曲が好まれますが、世界のその他の国ではどうですか?
A:
それは人間として自然なことでしょう。我々は自分が知っているものや好きなものを繰り返し聴くことを好みます。ポップス音楽がヒットするのはそういうところにあります。そういったことが必然である一方、レパートリーを広げることは、我々音楽家の使命でもあります。聴衆が限られた曲ばかり聴き続ければ、選択肢も限られて、どんどんと視野が狭まります。世の中にはたくさんの偉大な音楽が存在しています。それを発掘し紹介することが我々のもっとも興味のあることで、その多くの素晴らしい音楽を聴衆にもぜひ知ってもらいたいと思っています。

Q:欧米では知られざる名曲を紹介する機会は多いですか?
A:
はい、フランスでフランス音楽を、ドイツでドイツ音楽を演奏すれば、聴衆は好んで聴きに来るでしょう。パリでメシアンのトゥーランガリラを演奏すれば、チケットは難なく売れます(笑)。でも、それだけではいけないのです。私は常になにか少し違う工夫をして、知られざる名曲を紹介するようにしています。
例えば最近のモスクワでの公演(ロシア・ナショナル管との共演、パーヴォ氏はこのオーケストラは素晴らしいと言っていた)、エストニアの作曲家トゥールの作品を演奏しました。この機会にトゥールは初めてモスクワに紹介されたわけです。私にとって母国であるエストニアの作曲家を紹介することはひとつの使命といっても過言ではありません。それは私がエストニア出身である、ということだけでなく、優れた作品がたくさんあるからなのです。

Q:そういった観点からは、聴衆が新しい音楽を受け入れる傾向にある国はありますか?
A:
聴衆は新しいレパートリーを難なく受け入れてくれますよ。課題は「どんな反応があるか」ではなく、「どうやったらコンサートに足を運んでくれるか」です。私の経験では、コンサートに来た聴衆は新しい音楽に興味を持ち、楽しんでくれます。新しいレパートリーに興味がない人は、公演の告知を見た時点で、怖がって演奏会事態に来ない、という選択肢をとるわけです。

Q:マエストロは現在3つのオーケストラにポジションを持っていらっしゃいますね。以前のシンシナティ響を含めると、アメリカ、ドイツ、フランスのオーケストラと密に関係があったことになりますが、それぞれの音楽作りにおいて、音の特徴や解釈の違いはあるでしょうか?
A:
すべて違います。その中でも特にドイツ•カンマーフィルハーモニー管弦楽団は違います。彼らは小編成のオーケストラとして非常に強い個性を持っています。バロック音楽、古典派音楽を演奏する時には、特別な音作りの手段(奏法)を知っています。さらに彼らは頻繁に室内楽を演奏しますし、オーケストラとして、指揮者なしで演奏することもあります。お互いをよく聴きあう、室内楽合奏団としての伝統があるのです。オーケストラとしては、とても個性ある考え方を持っていると思います。
パリ管は、フランス音楽に求められる非常に美しい音に対する感性があります。と同時に、私自身も驚いたことですが、彼らのドイツ音楽もすばらしい。私は彼らの正統なドイツ音楽の演奏に非常に感心しました。
フランクフルト放送響は、力強く、しかし温かみのある音を持っています。特に金管楽器は極めて優れています。ブルックナーに一番理想的なオーケストラです。
こういったように、それぞれの個性と魅力があるわけです。

Q:フランクフルト放送響とは今回2回目の来日となりますね。パリ管との会心の来日ツアーの後、日本の聴衆はマエストロとフランクフルト放送響の日本公演に期待を高めています。彼らの特質と魅力はどこにあるでしょうか?
A:特に木管パートには若手で優秀な奏者がそろっています。アンサンブルは常にバランスが取れています。彼らは放送オーケストラとして、常にマイクに囲まれているので、高い完成度を要求されます。と同時にとてもエキサイティングにもなれます。
このオーケストラが“ブルックナー・オーケストラ”といわれるほど、ブルックナーには極めて適しているオーケストラだということをご存知ですか?エリアフ・インバルの時代にブルックナー全曲を演奏していますしね。

Q:マエストロは複数のオーケストラのポジションを持たれていますが、オーケストラによってレパートリー、プログラミングをわけていますか?
A:
音楽監督の仕事として、バランスよくプログラミングをする必要があります。パリ管でフランス音楽やロシア音楽ばかりを演奏するわけにはいきません。モーツァルト、ハイドン、ベートーヴェン、ブラームスにも取り組む必要があります。特に彼らのようなメジャー級のオーケストラは、近現代も含めてバランスよく様々なレパートリーに取り組む必要があるのです。

Q:最近はロシアにも客演されていますが、この経験も音楽作りには生かされていると思いますか?
A:それぞれが互いに影響し合い、音楽作りに生かされます。例えば、ドイツ・カンマーフィルハーモニー管との経験は、他のフル編成のオーケストラとベートーヴェンを演奏するときに役立ちます。ドイツ・カンマーフィルハーモニー管には独特なフレージングがありますが、それはフランクフルト放送響でブルックナーを演奏する際、何らかの形で影響していると思います。
もちろん、ロシアのオーケストラでの経験は、フランクフルト放送を指揮するときに、新しい解釈をもたらしてくれます。どこにも壁はない。互いが影響を与え合うのです。常に心を開いていると、そこには常に答えがあるのです。


パーヴォ・ヤルヴィ指揮
フランクフルト放送交響楽団
Frankfurt_flyer.jpg
2012年6月6日(水) 19時開演 サントリーホール
曲目:
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 (ピアノ:アリス=紗良・オット)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調


2012年6月7日(木)19時開演 サントリーホール 
曲目:
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
 (ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン)
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 14:41| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

アリス=紗良・オットのインタビュー(パーヴォ・ヤルヴィ指揮 フランクフルト放送交響楽団との共演)

パーヴォ・ヤルヴィと、フランクフルト放送交響楽団との共演を前にインタビューを行いました。
_DSC3293.JPG

Q:6月に、パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送交響楽団との日本ツアーで演奏していただく、リストのピアノ協奏曲第1番変ホ長調ですが、この作品を最初に演奏したのはいつですか?
アリス=紗良・オット(ASO):
この作品は、14歳の時、私が初めてオーケストラと共演した思い出の曲です。その後もよく演奏していますので、一番長く取り組んでいる作品ですね。

Q:初めてオーケストラと共演する作品に、リストを選ぶなんてとても意欲的ですね。
ASO:この曲は聴いた時から「私にぴったり!」と思える作品でした。テクニック的にも華やかな技巧が必要とされますが、その時は「だからこそ、挑戦してみたい!」と思いましたし、それをマスターしていくことも楽しかったのです。でも、当時と今とではこの曲に対する考え方は大きく変わりました。

Q:どういう風に変化していったのですか?
ASO:この作品に初めて取り組んだ時は、ピアニストがテクニックを披露する曲、というふうに考えていました。リスト自身も素晴らしいピアニストで超絶技巧が有名でしたし、実際にテクニック的にもハードな曲です。しかし、その側面ばかりを追いかけてしまうと、この作品の本質的な魅力に触れることができないかもしれません。
この作品には彼自身の革新的、チャレンジングなところが非常によく表れていると思います。彼は非常に才能に恵まれていましたが、それをさらに磨き続け、自分の人生を自らの手で拓いていった人ですよね。そんな彼の人生を、この作品の中で表現したいと思っています。それから全ての楽章を通して演奏するというスタイルも独特です。彼の伝統的なものを超越したいという意図があるように感じますし、駆け抜ける!というイメージにもリストらしさを感じます。

Q:パーヴォ・ヤルヴィ氏とは、すでに何回か共演なさっているのでしょうか?
ASO:
今までに2回共演しています。最初はシンシナティ交響楽団とリストの協奏曲を、次はフランクフルト放送交響楽団とラヴェルの協奏曲を演奏しました。

Q:リストのピアノ協奏曲を共演した時に、パーヴォ・ヤルヴィ氏からいただいたアドバイスで印象的なことはありますか?
ASO:そうですね。本当にたくさんのことをアドバイスしていただきました。マエストロの解釈はとてもユニークですし、共感できることも多いです。ここはもう少しジャズっぽく感じてみたら・・・なんてアドバイスしていただいた部分もあります。
マエストロとの共演は、毎回とても楽しみです。というのも、マエストロは私の音楽、私が表現したいことを、いつも大切にサポートしてくださるから。ソロで演奏する時は、すべて自分自身の責任、自分が演奏したいものをそのまま皆さまにお届けする・・・というイメージですが、オーケストラと共演する時は、マエストロやオーケストラとのアンサンブルが非常に大切になりますよね。ですから、100%自分の演奏したいように演奏できるわけではありません。
それがマエストロ ヤルヴィの指揮だとオーケストラが、とてもフレキシブルなんです!私も即興とまではいきませんが、自由にその時に感じたものを演奏していると、それについてきてくれて、サポートしてくださるんです。さらにオーケストラの演奏が私にインスピレーションを与えてくれて、またまた新しい何かがステージの上で生まれる!ライブのステージでしか味わえない、エキサイティングな演奏ができるのです。ピアニストとして最高の時間を過ごすことができるんです!

Q:そういう信頼関係って大事ですよね。
ASO:
そうですね。絶対的な安心感がありますから、私も私らしく演奏できます!それに、私はマエストロやオーケストラと一緒に音楽を作っていきたい!音楽という共通の言葉で伝えていきたい!と思っていますから、今回の共演は本当に楽しみです。

Q:パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放響との日本ツアーの後の予定を教えていただけますか?
ASO:
ロシアのサンクトペテルブルグで行われる白夜祭でリサイタルを行い、それをライブ録音する予定です。(モーツァルト:デュポールのメヌエットによる変奏曲 KV.573/シューベルト:ピアノソナタ第17番 ニ長調 D.850/ムソルグスキー:展覧会の絵 )
秋にはそのプログラムで、日本ツアーも行います。

Q:前回の来日は、ちょうど1年前でしたね。
ASO:
昨年はお正月(1月1日)に日本に来て、NHKニューイヤーコンサートで演奏させていただいたり、各地でリサイタルを行ったりしましたが、その後は来日するチャンスがありませんでした。東日本大震災が起き、ずっと日本のこと、日本の皆さんのことを心配し続けてきてきましたが、こうしてようやく日本に来ることができました。

Q:震災のことはどのように知ったのですか?
ASO:
ウィーン交響楽団とのツアー中に、友人からのメールで知りました。いつもは賑やかなメンバーが、シーンとしていたことをよく覚えています。被害を受けた地域の中には、私もツアーなどで行ったことがあるところもあって、ショックを受けました。
すぐにヨーロッパで何か私にできることはないかと思い、いくつかのチャリティコンサートに出演したのですが、それだけでは満足できませんでした。できるだけ早く皆さんのところに行きたかったのです。ですから、今回仙台やその周りの地域でチャリティコンサートを行えて本当に良かったです。それから、もうひとつお話したいのですが、震災の時に皆さんが、非常に冷静に思いやりを持った行動をとられていたことに心から感動しました。私は今まで、ドイツ人と日本人のハーフ、ということで悩んだり、辛い思いをしたりしたことがありましたが、私の中に日本人の血が流れていることを心から誇りに思いました。


パーヴォ・ヤルヴィ指揮
フランクフルト放送交響楽団
Frankfurt_flyer.jpg
2012年6月6日(水) 19時開演 サントリーホール
曲目:
リスト:ピアノ協奏曲 第1番 変ホ長調
 (ピアノ:アリス=紗良・オット)
マーラー:交響曲第5番 嬰ハ短調


2012年6月7日(木)19時開演 サントリーホール 
曲目:
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
 (ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン)
ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調

詳しい公演情報はこちらから

posted by Japan Arts at 15:28| 聴きに行こう!オーケストラPR | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。